スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)

 埋め立てから20年以上放置した間に、500種以上の動植物や昆虫が生息するようになった北九州市若松区響町の産業廃棄物処分場跡地が22日、国内最大級のビオトープ「響灘ビオトープ」として仮オープンした。環境省が絶滅危惧(きぐ)種に指定するベッコウトンボなど貴重な動植物、昆虫もおり、市は今後観察道などを整備し、2012年春に正式オープンさせる。

 ビオトープは多様な生物が生息する空間。響灘ビオトープは広さ約48ヘクタールで、国内最大級とされてきた滋賀県長浜市の「早崎内湖ビオトープ」(17ヘクタール)の約3倍。

 市は80〜86年、産廃などを埋め立て、その後長年放置していた。ところがやがて凸凹の地形に湿地帯や淡水池、草原が自然に生まれた。市は2002年ごろ、変化に気付き、産業用地にする計画を見直し、ビオトープとして整備することにした。これまでにチュウヒやコアジサシなど鳥類237種類、植物284種類、トンボやメダカなど24種類を確認している。

 この日は初のエコツアーを開催。長男武君(10)と参加した同市八幡西区の会社員、村口良さん(40)は「産廃処分場だった土地がこれだけの自然に生まれ変わって驚いた。人の手が入っていない自然が楽しめた」と話していた。

 正式オープンまでは毎月1回のエコツアー時だけ開園。入場無料。問い合わせは、市環境モデル都市推進室(093・582・2239)。【佐藤敬一】

【関連ニュース】
伊賀の産廃最終処分場:公害調停申請 水質調査の井戸新設を 国が中間案 /三重
中津川の産廃施設建設:住民の会、許可撤回求め署名 3万1516人分、県に /岐阜
県境産廃問題:09年度までに対象の6割撤去 八戸地域対策協に報告 /青森
県境産廃問題:産廃の6割撤去、12年度で完了へ /岩手
中津川の産廃施設建設:市の主張に疑問 再考求める要請書で知事 /岐阜

【from Editor】不可能を可能にする力(産経新聞)
犬・猫経由の感染症に注意―厚労省が呼び掛け(医療介護CBニュース)
円高、株急落で対応協議=鳩山首相と菅財務相(時事通信)
マルチ商法 仮想空間巡り提訴へ 会員「違法勧誘された」(毎日新聞)
ニチイ学館寺田社長、元社員逮捕で陳謝―再発防止に努める(医療介護CBニュース)

ギョーザ袋の穴見逃し「捜査ずさん、誠に残念」(読売新聞)

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、千葉県内で回収された2袋に最近になって微細な穴が見つかったことを受け、中井国家公安委員長は18日、閣議後の記者会見で、「日本の捜査がずさんだったのは誠に恥ずかしく残念。各県警が初動捜査を十分慎重にすることを望みたい」と述べた。

 この問題で、千葉県警が「穴はない」としていた2袋について、中国公安省に逮捕された中国人の男(36)の「注射器で殺虫剤を混入した」とする供述をもとに、警察庁科学警察研究所で再鑑定したところ、1〜2ミリの穴が発見されていた。

徳島市のデザイン事務所が受賞=高い職人技のいす―NY見本市(時事通信)
<もんじゅ>福井県知事と首相が会談 地域振興など協議(毎日新聞)
<東京・夫切断>控訴審 三橋被告の責任能力認め結審(毎日新聞)
大麻草のジャングルが室内に…ベトナム人5人逮捕(読売新聞)
5月末は「国民との約束」=普天間移設問題で鳩山首相(時事通信)

バイク放火容疑で男再逮捕=連続不審火との関連捜査−千葉県警(時事通信)

 千葉県八千代市米本の米本団地で昨年10月、駐輪場のバイクが燃え、煙を吸うなどした住民14人が重軽傷を負った火災で、県警八千代署は6日、建造物等以外放火の疑いで、当時この団地に住んでいた無職大堀英俊容疑者(45)=別の建造物損壊罪などで公判中=を再逮捕した。同署によると、「会社を辞めて金がなく、ストレスを解消するためにやった」と容疑を認めているという。
 同団地では、この火災の約2時間後に別の駐輪場でバイクなどが燃えたほか、同月16日に同様の不審火があり、同署は関連を調べる。
 逮捕容疑は昨年10月31日午前2時20分ごろ、同団地駐輪場でバイクのボディーカバーにライターで火を付け、バイク6台と自転車14台など(被害総額約780万円)を焼損させた疑い。 

【関連ニュース】
放火容疑で元社員再逮捕=外装会社元役員の車燃やす
自室に放火、36歳男逮捕=連続不審火との関連捜査
放火容疑で27歳女逮捕=「給料が安くいらいら」
脅迫容疑で元社員逮捕=外装社長に「殺す」電話
「家族殺す」と女子中生脅す=容疑で大学生逮捕

鈴木宗男氏 北方領土交渉は「空白の10年」 露で講演(毎日新聞)
「母の日」孝行が…車ため池に、95歳母と娘死亡(読売新聞)
ポリ袋入り遺体、重りはいかり 横浜・鶴見川の女性遺体(産経新聞)
<パロマ中毒死>11日判決 遺族「安全対策の不備認めて」(毎日新聞)
ツイッター活用した新聞創刊へ=首都圏の若者ターゲット−毎日新聞(時事通信)

女子中生に売春させる=容疑で男子高生逮捕−「援デリ」、1千万売り上げか・警視庁(時事通信)

 女子中学生を売春相手として紹介したなどとして、警視庁少年育成課と碑文谷署は26日までに、児童福祉法違反と売春防止法違反容疑で、山口県の私立高校2年の男子生徒(18)=住所不定=を逮捕した。
 同課によると、容疑を認め、「金持ちになって同級生を見返そうと思い、上京した。雑誌の記事で『援デリ』を知り、自分でもできると思った」と説明。昨年3月以降、14〜17歳の中高生20人を含む約25人を紹介し、約1000万円を売り上げたとみられる。 

【関連ニュース】
風俗事件、3年連続減=パチンコ、マージャン店は最少
無許可ガールズバー摘発=店員は14歳中学生
女子中学生にも性的暴行容疑=英会話教室の米国人再逮捕
「性教育の一環」と親から承諾書=女児暴行容疑の米国人男

【いのちの懸け橋】(上)医療技術、ベトナムへ 子供救う“釣りざお”に(産経新聞)
<日本版GPS>衛星1号機「みちびき」公開 今夏打ち上げ(毎日新聞)
「宇宙の話聞きたい」=無事帰還に安堵−山崎さん家族(時事通信)
米の作家、マーク・トウェイン没後100年 「ハックルベリー」現代にも教訓(産経新聞)
日欧線は210便欠航=火山灰で−国交省(時事通信)

100人が成田空港で一夜=帰国できない外国人ら−欧州火山灰(時事通信)

 アイスランドの火山噴火で欧州行きの便が止まっている成田空港では18日夜から19日朝にかけ、帰国できない外国人ら約100人がロビーのベンチなどで一夜を明かした。
 空港会社によると、16日夜には約110人、17日夜には約150人が空港内に泊まった。こうした外国人に対して寝袋、ミネラルウオーター、カロリー食などが無償提供されたが、一様に疲れ切った表情。持参のノートパソコンを使って運航再開などの情報を収集する姿があちこちで見られた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕The Volcano 世界の火山
欧州便さらに4便欠航=火山灰の影響続く
19日の欧州便も欠航=アイスランド火山噴火
18日も16便欠航=火山噴火の影響続く
ASEM財務相会合が開幕=日本は欠席

子ども手当、2万円に減額も=民主・玄葉氏(時事通信)
恒久減税、議会に再提案=「1年限定」改正求める−河村名古屋市長(時事通信)
<ゆうちょ銀・かんぽ>新規事業の参入規制緩和で最終調整(毎日新聞)
全額公費で集団接種 栃木・大田原 小6子宮頸がん予防(産経新聞)
核廃絶求め首相に署名提出=連合会長ら(時事通信)

校長らに罰金20万円=杉並の天窓転落死−東京簡裁(時事通信)

 東京都杉並区立杉並第十小学校で2008年6月、6年生の中村京誠君=当時(12)=が校舎屋上の天窓から転落死した事故で、東京簡裁は20日までに、業務上過失致死罪で、同校の宮山延敬校長(56)と授業を行っていた塩田弥生教諭(51)=別の区立小に異動=にそれぞれ罰金20万円の略式命令を出した。
 命令は9日付。警視庁が08年12月に2人を書類送検し、東京地検が今年3月末に略式起訴していた。 

【関連ニュース】
ラグビー元日本代表、転落死=帰宅途中、JR鎌倉駅
校長と引率教諭を略式起訴=小6天窓転落死
オリックスの小瀬選手が転落死=沖縄・宮古島のキャンプ宿舎で
後藤真希さんの母転落死=自宅3階から
9階から高1男子転落死=那覇

略称「日本」重複、止める手だてない…総務相(読売新聞)
あす赤塚植物園で緑のイベント(産経新聞)
<天窓事故>小学校長と教諭に罰金命令…東京簡裁(毎日新聞)
都心で41年ぶり遅い雪 上越新幹線運休、交通乱れ(産経新聞)
<21世紀臨調>鳩山首相に提言提出 政権機能の二元化批判(毎日新聞)

参院選出馬を否定=任期を全うする−東国原宮崎知事(時事通信)

 宮崎県の東国原英夫知事は14日、自民党の舛添要一前厚生労働相と15日に会談することに関連し「任期いっぱい全うしようと県民と約束しているので参院選に出馬することはない」と述べ、今夏の参院選への出馬を否定した。兵庫県西宮市内で記者団の質問に答えた。
 また、知事は「地方分権がわたしの持論。この改革を断行できるならどの方でも応援できる」と述べ、地方分権改革を重視する政党を支援する考えを示した。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕議場で話し込む舛添前厚労相
舛添氏に苦言=石破自民政調会長
舛添、東国原氏あす会談
地域主権「こっちが先行」=鳩山首相、山田氏新党構想にチクリ
自民党の政権力委員会(ネクスト・ジャパン)

民主岐阜県連が体制刷新を要求 小沢氏更迭論が背景(産経新聞)
【くらしナビ】ファストフードも大和魂 各社「和」テースト注力(産経新聞)
三女「父の芝居守る」 井上ひさしさん葬儀(産経新聞)
タイで銃撃の村本さんの遺体、家族のもとに(読売新聞)
<児童買春容疑>警視庁委嘱の51歳補導員を逮捕(毎日新聞)

7年前の日航機のへこみ、「勝手に修理」と判明(読売新聞)

 日本航空は6日、2003年に貨物機(ボーイング747型機)で規定外の修理が施されているのが見つかり、当時の調査で真相不明とされたものの、今年に入って新たな情報提供を基に再調査したところ、真相がわかったと発表した。

 アクシデントで生じた機体のへこみを整備士が勝手に修理し、会社に報告しなかったという。同社はこの整備士の社内処分を行う方針。

 同社によると、03年3月、米ロサンゼルスで貨物機を整備中、委託会社が作業する汚物回収車両が機体下部に接触し、機体に長さ約23センチ、幅7センチ、深さ6ミリのへこみができた。整備士は規定にない部材で修理し、整備記録に残さなかった。同年5月、この規定外の修理が判明し、国土交通省の指導も受けて社内調査が行われたが、上司の整備責任者(すでに退職)も問題を報告せず、原因不明とされた。2人は今回の調査に「責任を感じて言い出せなかった」などと話したという。

 今年1月、社内郵便で5通の情報提供の文書が送られてきたという。

防犯カメラで痴漢半減、埼京線が全列車設置へ(読売新聞)
福屋工務店に業務停止命令 上限超す手数料徴収(産経新聞)
自民幹事長代理に河野氏 執行部刷新は否定 「中途半端」の批判も(産経新聞)
<雑記帳>宮本亜門さん、神奈川芸術劇場の初代芸術監督に(毎日新聞)
【石原知事会見詳報】次期知事選「企業秘密。心境は複雑に変化してますな」(産経新聞)

急拡大カーシェアリング 車両管理、安全、防犯に課題(J-CASTニュース)

 2009年から車両数、ステーション(貸出・返却拠点)数ともに急拡大しているカーシェアリング。交通エコロジー・モビリティ財団の調べによると、現在国内でカーシェアリング車両数は1300台、ステーション数は800拠点を超え、09年の2倍以上の伸びを見せている。

 特に都心部での展開が加速しており、会員数も右肩上がりだ。しかし、急拡大の一方で車両管理や防犯など無人拠点・24時間営業を特徴とするカーシェアリングならではの課題も浮かび上がってきた。

■毎日車両点検を行うことが難しい

 普及が加速しているカーシェアリングは、企業が所有する車両を会員に貸し出す「レンタカー型カーシェアリング」が一般的だ。事業上はレンタカーと同様に道路運送法を守り、車両管理を行う義務がある。このため、法律上では車両貸し出しの際にカーシェア事業者が車両の日常点検や定期点検を行わなければならない。

 もちろん、定期点検についてはカーシェア各社の自社整備工場や委託事業者が法的に定められたメンテナンスを実施している。問題視されているのは貸し出しの際に行う「日常点検」だ。

 レンタカーは営業所のスタッフが貸し出しの前に車両の点検を行うことができるが、無人拠点を基本とするカーシェアリングは管理者が毎日、車両点検を行うことが難しい。このため、貸し出し車両の現状把握がおろそかになる危険性がある。これについてレンタカーやカーシェアリングを管轄する国土交通省は

  「ITなどを用いて車両の現状把握ができていれば、有人での日常点検を実施する必要はない」との旨を関係各所に通達している。

 では、実際にITによる車両管理は徹底されているのか。カーシェアリング大手の担当者は「車両の現状把握ができるシステムを搭載している事業者は少ない」と実情を語る。盗難防止や乗り逃げなどの対策を施しているシステムは普及しているものの、日常点検に値する車両管理を行えるシステムを導入しているのは数社にすぎないという。

■誰が起こした事故なのか特定するのが難しい

 また、複数の会員で車両を共有するカーシェアリングは、こすり傷など軽度の事故が発生しても「誰が起こした事故なのか特定するのが難しい」(損害保険会社)といった問題点もある。さらに、カーシェアリングへの参入を検討中の中堅レンタカー会社の社長は「車内に置いてあるガソリン給油カードの悪用など対策をとるべき課題が多い」

と指摘する。

 これについて国交省は「しばらくは様子見の状態が続く」とし、法整備などの必要性については各社の動向を見守る姿勢だ。カーシェアリングは、近年消費者から注目されており、今後も多くの企業が参入すると予想される。利用者の安全確保が一番の課題だ。


■関連記事
外車、高級車のレンタカー好調 「GT−R」「フェラーリ」「ポルシェ」 : 2009/10/27
「電子制御装置」に欠陥あるのか トヨタ車の急加速・急発進で疑念 : 2010/02/25
ホンダの新車販売台数 09年度は28.8%増 : 2010/04/02
痛車で娘にモテまくり? それでも拒否した芸能人 : 2010/03/24
シトロエン新型コンパクトカーに特別仕様車 : 2010/03/19

別の1人も遺体発見=宝剣岳遭難−長野(時事通信)
鳥取県、私立中生徒へ独自の支援金…全国初(読売新聞)
バス運転手、心臓発作か=児童らけが14人に−大阪府警(時事通信)
新規2型糖尿病治療薬ビクトーザ、4月保険適用は見送り(医療介護CBニュース)
入学祝い“甘〜いランドセル” 季節限定ケーキ(産経新聞)

首相VS亀井の「水掛け論」 郵政改革案で内閣大混乱続く(J-CASTニュース)

 郵政改革案を巡り、「閣内不一致」が激化している。改革案を首相が「了承した」か「了承しない」かで、亀井静香郵政改革・金融相と鳩山由紀夫首相側とで、ことごとく意見が食い違っているのだ。「水掛け論」ともいえ、混乱に拍車がかかっている。

 両者の対立が表見化したのは、2010年3月25日夕方の首相の囲み取材だ。首相は、

  「私が了解したと伝えられているが、実際には了解ではない」
  「まだ限度額など決定している話ではない」

などと亀井氏に対して不快感を示した。

■調整はきっちりし、プロセスも踏んでいる

 当然のことながら、亀井氏は反発。首相の囲み取材の1時間後に、記者から

  「大臣の認識として、総理は了解しているということですか?」

と聞かれると、亀井氏は

  「認識じゃなくて現実なんだ。認識も何もあったもんじゃない」

と即答。「閣内で議論する必要は?」と聞かれると、「なんで閣内で議論しないといけないの?」と、不満をぶちまけた。

 また、仙谷由人国家戦略相から「閣内で議論すべき」との声が上がったことについて、亀井氏は翌3月26日朝の会見でも、

  「関係閣僚である私と原口(総務)大臣において決定し、総理に了解を得て決めた話ですから、そういうプロセスを元に戻すことはありえない」

と断言した。

 これに援護射撃をしている形なのが、大塚耕平・金融担当副大臣だ。同日昼に出演したテレビ朝日系の情報番組「ワイド!スクランブル」の中で、「総理と亀井大臣の動きを全部知っている立場」と前置きした上で、

  「調整はきっちりしていた。プロセスも踏んでいた。亀井さんと総理は電話でも話している。亀井さんが総理に説明に行っている。政府・与党内で政策会議を10回もやっている」

と、手続きの正当性を主張。

  「微妙に(首相と亀井氏に)解釈の違いがあったかも知れないが、そこはよくわからない」

と、若干の含みを残したものの、鳩山首相が劣勢に立たされた形だ。

■「金融の問題だけでとらえるべきものではない」ということ??

 実際、鳩山首相は同日夕方の記者会見で

  「『言った言わない』の水掛け論になっている。『亀井さんにお任せします』的なことを言ったのか」

と記者から突っ込まれても、

  「閣僚懇(閣議後の閣僚懇談会)で私から申し上げたことは、『金融の問題だけでとらえるべきものではない』ということで、『さまざまな閣僚間で意見交換しようではないか』と提案したところだ。来週火曜日(3月30日)の閣僚懇談で議論をして、結論を出せるようにしたい」

と「肩すかし」発言。

  「水掛け論の話の中にはいるつもりはない。大事なことは、閣内でまだ決定していない段階で、それぞれの方々がそれぞれの立場で発言することを『閣内不一致』と批判されると、自由な議論ができなくなるということ。むしろ、自由な議論はあってしかるべきだ」

などと釈明した。ただ、「閣内でまだ決定していない」点は強調しており、両者の主張は依然平行線のままだ。

 なお、この日の官邸での首相会見で、ネットメディアやフリーランスのジャーナリストの参加が初めて認められた。


■関連記事
今度は機密費巡って閣内不一致 鳩山内閣に「調整機能ナシ」 : 2010/03/24
郵政で閣内不一致、「女性スキャンダル」 鳩山内閣「火だるま状態」 : 2010/03/25
鳩山首相「物質の本質は揺らぎ」 発言の「ぶれ」説明? : 2010/03/12
日本人の年収半減! 武田邦彦氏が暴く鳩山公約「CO2・25%削減」の裏 : 2010/02/24
「鳩山論文」の失敗から学ぶ ネット時代の「つっこまびりてぃ」 : 2009/09/09

<写真紛失>白籏氏のフィルム 山梨の財団法人が賠償支払い(毎日新聞)
火災警報器設置忘れていませんか? 電池交換や点検簡単…単独型が人気(産経新聞)
鉄工所社長か、コンテナ内で死亡=「殺された」と110番−北九州(時事通信)
名古屋市議会 減税条例修正案を可決 市長と全面対決に (毎日新聞)
警察庁「寝耳に水」の毒ギョーザ容疑者逮捕(読売新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
パチンコ攻略
現金化
ショッピング枠現金化
債務整理無料相談
審査 甘い キャッシング
selected entries
archives
recent comment
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    みっくみく (08/27)
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    志波康之 (01/15)
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    カドルト (01/09)
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    ソルバルウ (01/05)
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    玉木よしひさ (12/31)
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    こういち (12/26)
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    ゴンボ (12/16)
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    ばきゅら (12/06)
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    俊之 (12/03)
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    土屋浩平 (11/02)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM