<< 大阪城公園の陥没事故 割れた排水管発見(産経新聞) | main | 「黒澤明記念館」伊万里市が期限付き再締結へ(読売新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「5年以内にiPSバンクを」=山中教授、再生医療学会で−広島(時事通信)

 あらゆる細胞を作ることができる「人工多能性幹(iPS)細胞」を世界で初めて開発した山中伸弥京都大教授は19日、広島市で開かれた日本再生医療学会で講演し、将来iPS細胞を治療に使うため、あらかじめ細胞を準備しておくiPSバンクを「5年以内に完成させたい」と述べた。
 iPS細胞は、皮膚などの細胞に特定の遺伝子を導入して「初期化」した万能細胞。目的の細胞に作り替えれば、再生医療に応用できる。患者自身の細胞を使えば移植しても拒絶反応が起きないが、がんになる危険性があり、山中教授は「いかに安全なiPS細胞を見分けるかが課題。安全性を慎重に検討する必要がある」と述べた。
 その上で、「iPS細胞の作製には時間と費用が掛かる。脊椎(せきつい)損傷では、けがから10日以内に移植しないと効果がなく、iPSバンクを作るべきだ」と訴えた。50種類のiPS細胞があれば、日本人の9割に対応できるという。
 また、山中教授は10年後の達成目標として基盤技術の確立や臨床試験の実施、筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)の治療薬開発などを挙げた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
精子になりかけても逆戻り=精巣の幹細胞数を維持
幹細胞で歯茎再生=培養・移植で成功
花びらが多いシクラメン=遺伝子操作で開発
学士院賞に11人=山中教授らは恩賜賞も

美人過ぎる市議「私は発展途上」(スポーツ報知)
スカート内盗撮、道警警視に罰金30万円(読売新聞)
核密約 河野議員「後任にどう引き継いだのか」(産経新聞)
<強風>21日夕にかけて20メートル超す風も(毎日新聞)
橋下知事、万博公園活用でパラマウントと協議へ(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • 09:57
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
パチンコ攻略
現金化
ショッピング枠現金化
債務整理無料相談
審査 甘い キャッシング
selected entries
archives
recent comment
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    みっくみく (08/27)
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    志波康之 (01/15)
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    カドルト (01/09)
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    ソルバルウ (01/05)
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    玉木よしひさ (12/31)
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    こういち (12/26)
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    ゴンボ (12/16)
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    ばきゅら (12/06)
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    俊之 (12/03)
  • <ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
    土屋浩平 (11/02)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM